ダ・ヴィンチのノート

lovesras4.exblog.jp

<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ハンドメイド マドレーヌちゃん ボーイズ 山伏の旅

a0119252_21481698.jpg


マドレーヌちゃん人形のボーイズ、飛行機に乗って夏の旅。
a0119252_21492654.jpg


北九州空港に到着。
頭襟(ときん)に白装束、結袈裟、篭手、脚絆、腰には螺緒(かいのお)、甍多念珠。
頭襟は. 大日如来の五智の宝冠をあらわし、12角錐のひとつの面が折り畳まれて烏帽子のようになっている山伏の頭にかぶるもの。紙でつくり、デコパージュ用の糊とニスで固めました。
結袈裟は中に梵字で経の一文字を書いた和紙を入れて有識織の金襴で縫い、絹の組紐で綴じ、梵天は絹と麻と綿の糸で作成。
螺緒は絹組紐。
甍多念珠は硝子ビーズ。
a0119252_2202883.jpg


まずは山伏が修行する求菩提山の岩洞窟へ。ここには迦陵頻伽とよばれる天女の像が描かれている。
a0119252_2218416.jpg


求菩提山にはりめぐらされた七重の結界の四番目、構いの石門。
a0119252_2219595.jpg


苔むした美しい山の中。
a0119252_22204840.jpg


ここは第五番目の結界。獅子口から清めの水を飲んださきは水も飲めぬ聖域。
a0119252_22222498.jpg


この先が鬼の石段。
a0119252_22231449.jpg


もうすぐ求菩提山國玉神社上宮。
a0119252_22241479.jpg


上宮の上の巨岩と巨木。
a0119252_22251742.jpg


お宿は求菩提山第三の結界 大鳥居跡の目の前。
a0119252_22272252.jpg


露天風呂も温泉も、貸し切り。
a0119252_22285865.jpg


翌日は中津城へ。
まさか中津城にまで行けるとは予想もしていなかったので、鎧兜と直垂を持参してこなかったことを激しく後悔…。残念無念。次の旅では必携ぞ。
a0119252_22293358.jpg


天守閣からは求菩提山も川も海も見えましてござる。
a0119252_22302043.jpg


それから太宰府天満宮まで足をのばし
a0119252_22305476.jpg


お詣りして
a0119252_22311681.jpg


飛行機にのって東京にもどりました。
a0119252_22314450.jpg





応援ポチッと
いただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2015-08-25 23:45 | 手作り | Comments(0)

2015 夏の子連れ旅 北九州 三日目 求菩提から台風と帰京

2015 夏の子連れ旅 北九州 三日目。大型台風15号はとうとう九州に上陸。
a0119252_1782320.jpg


予定では山伏の修行の道をまわったり、曾祖父の茶室を見に行ったりするはずでしたが、この台風直撃の状況ではそれもかなわなそう、と、悔しがるジイジ(笑)
a0119252_17162816.jpg


この[卜仙の郷]も今日は台風のため臨時休館となったため、宿泊していたわたしたち一行の貸し切り状態に。
貸し切り状態で大喜びなのはうちの1号2号、小学生男子の兄弟だけで(笑)
なんと北九州空港から東京に帰る飛行機、チケットをとっていたJALは本日すべて欠航ということで、明日から仕事のあるオトナたちは帰りの足を確保するためにスマートフォンを駆使して電話をかけまくったり地図をみたり時刻表をしらべたりと大わらわだったのでした。
a0119252_17431419.jpg


この日の朝食には特別にプリンが!美味しかった!
a0119252_17433828.jpg


まだ帰りの足の確保できていなかったわたしたちに対してのさらなる旅館の方のご厚意で、わたしたち一行はチェックアウト後、昼食時間に特別にレストランをあけていただき、うどんやおそば、カレーなどを頼んでゆっくり出発できました。
北九州空港は全便欠航でしたが、福岡空港まで行けば、夜、八時半の便なら家族みんなで乗れる席を確保でき、北九州空港で借りたレンタカーも、数千円の乗り捨て料金をプラスすれば福岡空港前のタイムスで車を置いていけることがわかったので、ようやく一安心。
暴風雨の中、それでもあきらめきれないジイジ、なんとか曾祖父の茶室だけでも、と、
当のジイジと私の妹が車外にでて、散乱する木の枝や瓦礫をどかしながら、そろりそろりと求菩提山の構いの門あたりまで車で行きましたが、
a0119252_17264767.jpg

とてもじゃないが、普通に走行できる状態の道路ではなく、父と妹というひと二人の素手でなんとかできる量の障害物でもなく、残念ながら今回はこれにて求菩提のわがルーツを訪ねる旅は幕、と、求菩提山に別れをつげました。
わたしたちは、また求菩提に来て、その時こそは求菩提の五窟と曽祖父の茶室もめぐろうと心に誓いましたが、父は『次、また来るためにお金と体力を再び蓄えなければならんのう…』と、少し、遠い目をしていました。いやいや、がんばろうよ、また絶対、一緒に来ようよ、ジイジ!!
さて、これにて終了かと思われたわが山伏のルーツを訪ねる旅でしたが、これには続きが。
求菩提山に泣く泣く別れを告げ、車を一路、博多方面にむけ走り出した車内、ここ数年、不通で心配していた求菩提在住のやはり山伏の末裔の遠い親戚、Gさんの電話番号に、今回の旅の間もずっとかけ続けていた父の携帯電話に、このとき応答が!
a0119252_18334484.jpg


Gさんのお父上にかつて父は求菩提でお世話になり、またそのお宅の隣に曾祖父の茶室があったんだとか。わたし自身も前回の求菩提への旅でこのGさんにお会いしたことを覚えています。
電話のむこうは、父が話したかったGさんの息子さん。Gさんは最近、老人ホームに入所して、つい先日、独り身になった息子さんが父上の世話をするために求菩提山麓に引越してきたばかりなんだとか。
a0119252_18315224.jpg


というわけで、わたしたちはGさんの息子さんのお宅と、ホームのGさんを訪ねることができたのです。このGさんという方は、そのお父上の代からずっと、山伏のわが坊一族のお墓をずっと守ってきてくださっていて、これはまたその息子さん、お孫さんにも受け継いでくださっているので、父としてもわたしたちとしても、有難いことと感謝の念はつきない。
久々にお会いするGさんは91歳、あいかわらず、朴訥な穏やかな方でしたが、
入所して、「家族があそびにきてくれるのは、ね、とても嬉しくて、楽しいんだけれど、帰ってしまったあとがね、いやなんだよ。ここが、こう、さむうくなるのよ」と、おなかをさする様子がほんとうにわたしも切なかった。さびしい、ということは、胸の中だけでなく、おなかのなかまでさむうくなりますよね、ほんとうに。玄関先まで見送りにでて涙をたたえた眼で、わたしたちと別れるGさんに、うちの子ども達もずっと手をふりつづけました。
途中、求菩提の鴉天狗がモデルの豊前市のゆるキャラ、くぼてんくんの描かれたガードレールやマンホールなどを見つけて喜んだりしながら、夕方、ようやく福岡空港に到着。
a0119252_18513816.jpg


昨日も今日も博多ちかくに行きながら、台風の雨風がすごくて結局、行けなかった長浜ラーメンは空港のレストランで。
a0119252_18564615.jpg


福岡空港、夜20時半発の飛行機で東京 羽田空港には22時半に到着。こうしてわが山伏の先祖に思いを馳せる求菩提への旅 2015夏 、終了いたしました。
台風とぶつかったおかげで、また次回、という目標もできたから、父よ、また求菩提をめざしてがんばろう!!!
自宅から父夫妻をひろって羽田空港、北九州空港から求菩提、求菩提から北九州空港、北九州空港から博多、博多からまた求菩提、求菩提から福岡空港、そして羽田空港から父を送って帰宅にいたるまで、ずっと車を運転し続けてくれたわがダンナ様、ありがとう。
追記;車中で子ども達はじいじと叔母ちゃんをまきこんで、ずっと四文字熟語しりとりにはまっていましたよ。


応援ポチッと
いただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2015-08-25 23:30 | 好き | Comments(0)

2015 夏の子連れ旅 北九州 二日目 中津城と太宰府へ 

2015 夏の子連れ旅、二日目。
a0119252_13009.jpg


迫り来る大型台風15号の影響で、そろそろ風も強まり、雨雲もすごい早さでわいてくる空をみあげながらの朝の散歩。
今回の旅のお宿、[卜仙の郷]は、求菩提山の第三の結界、一の鳥居の前にあった郷山小学校跡地に建つ温泉宿。現在は無い鳥居の間を県道32号線が貫くように通っていますが、その県道の両脇をいまでも一の鳥居の狛犬たちが護っています。
a0119252_12543421.jpg


朝食のあとは、求菩提資料館に行く予定でしたがこの日は燻蒸中で臨時休館!届けようとしていたあの仏様のお顔は、求菩提資料館職員の方へお渡しすることに。
うちの1号2号が楽しみにしていた八人の鴉天狗に会うのはまた今度だね、と写真で我慢(笑)
a0119252_131504.jpg


そういえば、前回、求菩提にきたときは、もっと『鴉天狗の里』であることをアピールしていたのに、この宿の経営者が変わったからなのか、いまは鴉天狗の色がまったくなく、お土産にも鴉天狗の土鈴ひとつ見当たらず、山伏の末裔としては(笑)つまらない。残念至極。
というわけで、求菩提資料館へ行く予定がなくなったので、ひとり先に帰京する継母を車で北九州空港に送りがてら中津城に寄り道することに。
a0119252_1321037.jpg


黒田勘兵衛の赤い兜や、鳥居強右衛門の旗など奥平家のゆかりのものの展示などを見学。
山伏の法具のひとつでもある法螺貝つながりで、わたしが注目したのはこんな法螺貝。
a0119252_13252887.jpg


長篠の戦いにおいて籠城中だった奥平信昌のもと、ひとりでになりだした法螺貝を吉兆として城中おおいに士気が高まりその後の奮戦、勝ち戦につながったとして、大切にされてきた自鳴の法螺貝。
a0119252_13304349.jpg


天守閣から見える山並みの求菩提山の説明に「ん?!笑」となる実際の『鴉天狗の末裔?』たち。
a0119252_13455234.jpg


昼食は北九州空港への通り道、[豊前おこしかけ]で各々、好きなものを。父夫妻が、そろって[おかわり自由寄せ豆腐つき定食]や[天ぷら定食]などのがっつり系を食していて、わたしはすこし驚きました、わたしは宿の朝食をまだ消化できていなかったくらいだったので。食べ盛りの小学五年男子も寄せ豆腐をおかわりしまくっていたけれど、孫とおなじくらいの食欲の祖父母、元気だわあ(笑)


そろそろ風が台風らしくなり、雨も時折降り始めるなか、北九州空港から今度は太宰府天満宮へ。
a0119252_13583881.jpg


牛さん、学業のほう、どうぞよろしく。
a0119252_1405355.jpg


こういう史跡名跡をめぐっていると、人には各自それぞれ『気』が合う、合わない場があるなあと感じます。
どうもうちの1号2号はここ、太宰府天満宮とは相性がよくないのか、『気』が落ち着かない。長距離の移動の疲れとか、台風の影響とかもあるだろうけれど、落ち着く場ではすーっと憑きものが落ちたように落ち着くので、残念ながらここの学業の神さまのもとでの長居はあきらめます。
a0119252_1412194.jpg


まったく、きょうだい二人、鼻血をだすほど『気』が上逆して、お恥ずかしながら兄弟喧嘩ばかり。母であるわたしの手には負えず、わたしの妹にはほんとに世話になりました。叔母ちゃんありがとう、だね。
夕食は福岡在住の山伏末裔・親戚のだんなさまのお店[西中洲 MIKAGE]というカジュアルな小料理屋さんへ。
a0119252_1417861.jpg

このレモン醤油が素敵。そして新鮮なお造りによく合う。
a0119252_14175913.jpg


こんなお皿の続く3800円コースにしてみました。
a0119252_14182790.jpg


子どもたちは一品料理にごはんをつけて。有田牛に舌鼓。
a0119252_14184490.jpg


子連れでもふらっと気軽に美味しい会席料理を味わえるお店[MIKAGE 西中洲]お薦めです。
帰りはやはり、大型台風15号が九州接近のため、暴風雨。こんなときもレンタカーはありがたい、夕餉の地、博多からまた求菩提の温泉宿[卜仙の郷]まで、老人と子連れの旅の一行もドア to ドアで戻れました。

応援ポチッと
いただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2015-08-24 21:52 | 好き | Comments(0)

2015 夏の子連れ旅 北九州  一日目 求菩提山

今年の夏の子連れ旅の行き先は、九州、福岡県の知るひとぞ知る霊山、求菩提山。
a0119252_19111215.jpg


ここはわたしの父方の家が山伏として代々、護ってきた山であり、明治時代初期の廃仏毀釈の際に山伏は廃業し、神官として求菩提山の国玉神社を護ることとなったところ。
父方の代々のお墓も『山伏の墓』としていまだに求菩提山にあるので、
お墓参りも兼ねて、祖父と孫の、ルーツに思いを馳せる旅と相成りました。
うちの家族、わたしの父夫妻の他に、わたしの妹、それから求菩提山の山伏であった父方の親戚も福岡から合流するという構成。
a0119252_1985495.jpg


行きは羽田空港6:20発 北九州空港7:50着の飛行機。子ども達、懐かしのキャリーバッグ『クワガタくん』『カブトくん』も出動。もう小学生男子だから乗ったりする必要なんか絶対ないだろうけど(笑)
a0119252_19453930.jpg


今回は老人もいるので北九州空港からはレンタカーを借りて移動。求菩提にむかう途中にある道の駅[おこしかけ]にて朝食。アサリ汁セット500円。
a0119252_19495861.jpg


求菩提は山伏の修験道のさかんな場所だったゆえ、鴉天狗の里としても有名だから、この天狗の像があちこちにあるのですが、おなじ天狗の像がこの新しい道の駅[豊前おこしかけ]にも屹立していて少しびっくり(笑)
a0119252_19542468.jpg


さて、まずは平安時代につくられたという[迦陵頻伽(がりょうびんが)像](福岡県指定文化財)から。
こんな畦道から入ります。
a0119252_2052111.jpg


その後、宿泊予定の《卜仙の郷》で大きな荷物をおろし、お墓参りの用意をしていざ求菩提山へ。
今回は、求菩提という霊山をずっと山伏として何百年も護ってきた先祖に思いを馳せる旅なので、うちの息子たちは白装束に結袈裟で。うちの父も我が坊に伝わる金剛鈴と五鈷杵を持参。
まずは[構いの石門]ここが表参道の結界。求菩提山七重の結界のうちの第四番目。山伏はここより先に居を構えていました。
a0119252_2192943.jpg

ここから山伏であった我が坊の代々のお墓へ。何代も何代も前から山伏である先祖たちの、いくつも連なる苔むした墓石に手をあわせながら、我が父、我が妹や弟もふくめ、福岡から合流した同じ山伏の血をくむ親戚にもまた、脈々と同じ血がつながり、同時に沸き立つような不思議な感覚をおぼえました。
今の山伏さんたちで、代々ずっと山伏の坊である方はもう、そうそう居られない時代。代々、山伏の家でももちろん日々修行と鍛錬のすえ、それなりの名をいただくという繰り返しのなかで、一族として培った感覚というものはなにか必ずや確かにあったなあという思い。
a0119252_21414188.jpg


そんな思いをめぐらせながらお墓まいりを終え、座坊主跡へむかって降りているとき、コトは起きました。お墓と山道の間の斜面を降りるわたしの足下から転がる丸い石が。と思いきや、なんと古い古い仏像の頭部。わたしたち一行、この山を護っていた山伏の家の者たちを待っていたかのように現れた仏様のお顔をみると、不思議とわたしたちも穏やかな気持ちで預かり、山伏であった時代のものを保存、展示している求菩提資料館に届けることに。
a0119252_21374084.jpg


そんなお墓参りのあと、座主坊園地の庵でお弁当。
朝、北九州空港からの道中、[豊前おこしかけ]で買った棒鯖寿司と茹で卵。酢がきいた鯖が美味しかった。
a0119252_21391829.jpg


昼食後、求菩提山頂めざして出発。
岩屋坊として史跡となっているところも、父も、福岡の親戚筋もそれぞれ実際に住んでいた家人を訪れた記憶をそれぞれもっていて、それを語りあえるという一族として一行として求菩提の地で会えたこともすごく嬉しい。
a0119252_2252928.jpg

ジイジの家宝の古びた金剛鈴と五鈷杵を携えて[鬼の石段)も小さな烏天狗のように、ひらりひらりと登る、うちの1号2号兄弟いわく、いままでの登山の靴や服と違い、この山伏の白装束が最も動きやすく気持ちが良いんだそう。
a0119252_2294418.jpg

余裕の小天狗たち、家長のジイジをお迎えに(笑)
a0119252_2212840.jpg

下山途中に青い蚯蚓に遭遇。青くて長い!
a0119252_22133778.jpg

この他にも、父は、曾祖父の茶室や、山伏の修行道をまわりたかったようだが、夜明け前に東京を出発した老体にはここが限界のよう。
明日以降はどうも大型台風が九州直撃するようなので、今日中にお墓参りと求菩提登山が完了したことでよしとする。
今回のお宿[卜仙の郷]にもどり、温泉につかり、夜はみんなで宴会。
a0119252_22181184.jpg


このあとおしゃれなお膳がつづいたが、一族の不思議話に花が咲き、撮ったのは子どものお膳だけ(笑)
a0119252_22204264.jpg


満腹の一行はそのまま満天の星を見に宿の前の地にでて寝そべる輩、続出。なんと自由な山伏の末裔ども(笑)たしかに星はこう見た方が全身で感じ取れますが。
普段、わたしは、『見える』と言うひとには一線をひいて接してしまうし、わたし自身、『見える』と自称するつもりもないのですが、今回の旅では山伏の末裔が集まって山伏末裔パワーが共鳴し合ってたいへんなことになってしまったのか、書かずにいること、写真を出せずにいることも含め、どうも不思議なことが続出。この満天の星についても、わたしは普段からものすごく目がよくて、たぶん視力5とか6とかあるんじゃないかという口なんですが、この求菩提の夜は、いくつかの星がそれぞれ小さくくるくると赤や緑に光りながら回転して見えてしまいました。父もまた、星が回転している! 不思議だ!、回転している!とつぶやいていたので、どうやら私と父に、この不思議な光景が見えていたようです。つぎのお迎えはわたしたちなのかなあ。ご先祖さま、よろしくお迎えください。


応援ポチッと
いただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2015-08-23 21:00 | 好き | Comments(2)

ハンドメイド 縫い仕事 縮緬 そら豆袋 2015 ①

縫い仕事もぼちぼち。
a0119252_2338190.jpg


わたしの縮緬のそら豆袋、
ラジオ・パーソナリティの[そらまめさん]からいただいたご縁で、この夏、まずはこの十個が旅立ちました。
a0119252_2340566.jpg


リバーシブルなので、柄のほうも楽しめます。
a0119252_23425319.jpg


そら豆袋たち、旅先で、気に入っていただけますように。
応援ポチッと
いただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2015-08-17 23:36 | 手作り | Comments(0)

子連れ 海 2015 御宿へ

夏休みだもの、一度は行きたいよね、ビーチ。ということで、久々に御宿の海へ。
a0119252_22125926.jpg


昨年、浅草に鍼灸院を開業してからなかなか子ども達と海へ行けず、
ついに2号が『オレ、自分の小遣いでお金払ってでも海に行きたい』と、通っている合気道の道場の海への遠足のチラシを持ってくるに至り、
もともと海好きの父ちゃんも心が動いたようです(笑)
午後の患者さんの予約の時間までには浅草に戻るスケジュールで行ってきました。
今年は子どもたちはボディボードに夢中。
a0119252_22203326.jpg


晴れてはいましたが、海水は冷たいので、威勢はいいが唇の青い二人の少年を、ひたすら海岸で見守るだけの母(笑)
a0119252_2224867.jpg


しかし砂浜にあがったらあがったで暑い熱いアツい。
a0119252_2225201.jpg


時間ぎりぎりまで遊び、御宿では恒例の、月の沙漠ビーチのモザイクタイルのオープンシャワーにも寄らず、
a0119252_22275789.jpg


こちらの定食屋さんで
a0119252_22283488.jpg


がっつり、天丼定食などを親子四人で四人前かきこみ、浅草への帰途へつきました。
小学生でも男子ふたりいると、こんなに量の多い定食でも人数分たのむことになるんですなあ(笑)

応援ポチッと
いただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2015-08-15 21:45 | 好き | Comments(0)

ハンドメイド マドレーヌちゃん ボーイズ  ビーチへ

夏休みだもの、一度は行きたいよね、と、ビーチへ。
a0119252_21251479.jpg


前夜に急に決まった海へのお出かけ、あわててサーフパンツをチクチク。
一度も着なかったセットもののサーフ・パンツをリメイク。
ついでにサーフ・ハットもチクチク。
ビーチ・サンダルまでは間に合いませんでしたが、ま、いいか。
a0119252_21294356.jpg


ちゃんと海にも入ったけど、携帯電話での撮影はた〜いへ〜ん(笑)
a0119252_2132773.jpg


つぎは砂浜であそぼうか
a0119252_21324775.jpg


そろそろお腹がすいた?!
a0119252_21344554.jpg


わたしはかれこれ25年程?gregoryのウエストポーチを愛用しているので、このボーイズにも作ってみましたよ。革のファスナータグも忘れずに(笑)
カチッと開閉できるこのプラスチック部品はネームホルダーの部品を転用。
a0119252_2143545.jpg


さあ、帰ろう。

応援ポチッと
いただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2015-08-15 13:23 | 好き | Comments(0)