ダ・ヴィンチのノート

lovesras4.exblog.jp

タグ:博物館 ( 4 ) タグの人気記事

国立博物館【中国王朝の至宝展】、2012ハロウィンパーティにはNINJYAでGO

鍼灸に携わるダンナ君としては東洋医学の発祥の地の至宝は見ておきたいということで前売りペアチケットを買ったものの、なかなか行くチャンスがなく展示の最終日がせまってしまった【中国王朝の至宝展】を国立博物館まで家族で見に行きました。
a0119252_1511558.jpg
チビ達はこのあと、2号の幼稚園クラスメートたちと行くハロウィンパーティに直行なので、上着の中は上下真っ赤の1号と上下真っ青の2号、足下は地下足袋というあやしげな格好。
剣や帯はあたしがトートバッグに入れて持っていたのですが当然、入場口で剣などの長物(笑)は係員に預かられ。
中国という広大な国を征したそれぞれの時代の王朝はやはりそれだけの絶大なる権勢を誇り、想像を絶するたくさんの至宝を今につたえていて、ほんとうに人間とはすごい創造力想像力をもち、ほんとうにすごい欲や権力がうごめき、ほんとうにすごい数のなかからそれでも頂点に立つひとが出つづけていることに圧倒される展示でした。
a0119252_15125332.jpg

至宝展を出たらチビ達はNINJYAモードに突入。
レゴ・ブロックのNINJYAGOというシリーズの中の赤忍者と青忍者に見えるように、彼らの武器の光るヌンチャクを透明の縄跳びにライトを仕込んで作ったり、剣を背中に背負えるようにゴムテープで肩掛け仕様に改造したりはしてますが、頭巾と地下足袋だけでも充分、忍者ですな(笑)頭巾も同色の長袖Tシャツを被ってそれらしく結んでいるだけ。
a0119252_15131427.jpg

東京ドームシティのベースボールカフェに集合です。
a0119252_15133776.jpg

a0119252_15142394.jpg
a0119252_15142079.jpg

いつもとはちがう存在になりきって、顔や手にペイントしてもらったり、「trick or treat」とお菓子をもらったり、と、楽しめたハロウィンの夜でした。a0119252_15144497.jpg
応援ポチッと
いただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2012-10-31 21:06 | 好き | Comments(2)

阿修羅展 群林堂の豆大福 利平のつけ麺

とうとう行って来ました【阿修羅展】


国立博物館、連日長蛇の列で、いつ行こうか迷っているうちに終了間近。
もう延ばせません。
最終日まで夜8時まで開館時間が延長され、夜七時以降なら若干すくらしいので
仕事帰りの妹と7時すぎに待ち合わせて
うちはチビ2人連れてダーリンも一緒に
自転車で。
a0119252_2464969.jpg

入場は30分待ち、

阿修羅のまわりは人だかり、

あたしはチビ2号を肩車でしたが

とにかくも阿修羅
見て来ました。

あたしの好きな八部衆も間近で。
迦楼羅(かるら)は実物があったけれど
鳩槃茶(くばんだ)は写真だけ。

阿修羅も八部衆と一緒に見たかったとは思いますが
あの人気ぶりなので仕方ない。
阿修羅だけは特別な展示。

以前のように透明な壁に隔てられてはいないので
阿修羅像が
繊細な[気]をまとって静かに佇んでいるのを
感じ取れます。

作られた当時の乾いた土塊のかすかに崩れる音がきこえるような。

阿修羅像を間近で見ようと周囲を取り囲む人の波には
静かではあってもそれなりにものすごいエネルギーがあるんですが
そのまんなかにあって
ひたっと静寂の空間を造り出す阿修羅像の力はすごいと思います。


この何十万人もの人たちは【阿修羅展】で
何を見たくてきているんだろう、
何を思って帰ったんだろう、
と興味がわきます。

入場までに100分待って、阿修羅のまわりでも20分待ったりするんです、
ほんとに見たくて来てる人ばかりなんでしょう。


あたしは
阿修羅を含む八部衆の表情に魅了されています。
小さい頃から両親に連れられていろんな展示を見てきてはいるので
それなりに自分の中で印象的だったもののストックも多いですが
その中でも特に魅了されているもののひとつです。

阿修羅たち八部衆の表情は
とてもとても微妙で繊細で少し謎めいています。
そこがいい。
レオナルド・ダ・ヴィンチの【モナ・リザ】のあの幽かな微笑みたいに。

当時の仏教の『広告』としての側面から見ても
この幽かな表情で表現しようとした心の内面、
その抑えた捉え方にも惹かれます。
どうアプローチするとそんなふうに表現できるのだろう。
どう見つめれば
そんなふうに掴めるのだろう。


チビ達も何かを感じて、
それを心の糧にしておいてくれたらいいな。

仕事が忙しかったようで、妹は来るのも大変だったみたいだけれど
一緒に見られて楽しかった。
小さい頃に親と行った美術展はもちろん一緒に行っているし、
だいたい似たような展示を今も見たりしているので
阿吽の呼吸のように(笑)
こういう感動を分かち合える存在なのでとても貴重です。

今日はお土産まで持って来てくれたので
もっと貴重な存在に(笑)



【群林堂】の豆大福!

群林堂 (和菓子 / 護国寺、茗荷谷、江戸川橋)
★★★★★ 5.0


妹が職場でお世話になっている方が
『お姉さんに会うなら』とわざわざ並んで買って来てくださったとのこと。
手渡された豆大福の包み、
ずしっとした重みがいかにも美味しそうです。
どうもありがとうございます。

a0119252_3334995.jpg


この和菓子屋さんが
新聞に載った時のコピーもつけてありました。




講談社の斜向いの群林堂さん、
吉川英治、三島由紀夫、松本清張といった
作家への手土産として愛用もされてきたとか。


その日につくったものはその日に売り切る。もちろんその日に食べるべし。
小豆は十勝産えりも小豆、餅米は宮城産、赤エンドウ豆は富良野産。
a0119252_340194.jpg


もう、この豆大福を食べたい一心でとんで帰ったようなものです(笑)
豆好きにはたまらない美味しさでした。
赤エンドウ豆が大きくて
素材自体の美味しさが際立っているうえに、塩加減もよく
おいしい餅と餡とあわせるとさらに何倍もの美味しさに。
餡が、すっと喉をとおってしまうのは、原材料が良いからでしょうね。
御馳走様でした。


夕食は作る時間もなかったのでめずらしく外ごはん。
拉麺は食べない派だったはずのダーリンが、
めずらしく『ここのはイケル』というつけ麺屋さん。

雷門通りの【利平】

つけ麺屋 利平 (つけ麺 / 浅草、田原町、蔵前)
★★★★★ 5.0


a0119252_3475213.jpg

ツユは甘酸っぱい梅のような隠し味が効いていて、つけ麺はしょっぱいというあたしの予想を全く覆す味(笑)

あたしは大好きな味。
麺も、コシがあって、縮れ具合もちょうどいいし
美味しいお店だと思います。a0119252_348625.jpg
a0119252_348237.jpg



応援ポチッといただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2009-06-04 03:55 | 好き | Comments(0)

国立科学博物館、大恐竜展と ダ・ヴィンチのアトランティコ手稿3Dメモ


恐竜好きなチビ達をつれて国立科学博物館に
大恐竜展を見に行って来ました。

上野は浅草から自転車で行けるし
国立科学博物館の常設展やシアター36○だけでも見応えがあるし
年会費1000円で何度でも行けるリピーターズパスを利用して
普段から暇さえあれば行っていますが

大恐竜展は
リピーターズパスにプラスして900円かかるし
混んでるかもと思って、まだ行ってなかったのです。

フラッシュ撮影とムービーはダメですが普通に撮るのはOK。
a0119252_2228862.jpg

これはクリオロフォサウルス。






a0119252_22305724.jpg


こんなユニークな顔の恐竜は初めて見ました。
ニジェールサウルス。

上の歯と下の歯がそれぞれ横一文字にまっすぐなんです。






a0119252_2233161.jpg


マプサウルス。

親子の骨格が展示されるのは初めてなんだそうです。
何万年もたっても親子一緒にいられて、
と思うと涙がでそうに…。



他にもすごい歯をもつアンハングエラの新種の骨格復元もありました。
まるで塀の上の泥棒よけみたいなすごいトゲトゲ歯。



恐竜の様子を再現したCG映像をうつしている巨大なスクリーン?、
スクリーン、巨大なのにとても薄いのでびっくり。
しかも裏からも見えるんですよ、字は裏返しですが。

a0119252_22384882.jpg




大きな脊椎の骨。
a0119252_2326891.jpg







大きな腕の骨。
a0119252_2326433.jpg



さわれるので
大きさや
石のように固い古い骨を実感できます。




大恐竜展を見終わってから
常設展も。
まずはシアター36○に。http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/theater360/index.html

前回は『青のかがやき』『恐竜の世界=化石からよみとく』が上映されていて
海の中の命の世界『青』の映像に
亡き母が、末期癌を宣告されてからも二年生き生きと死への道を歩んでいた頃、
命あるうちにしておきたいこと、といってイルカと泳ぎにハワイへ飛んで、
あたしに
「もう、ほんとに、すばらしいのよ!360度青、青、青なのよ!そしてみんな生きていて!」と感動を伝えようとしていたことが

その当時はもう
抗癌治療でハゲ坊主で免疫力も落ちているのにそんな無謀なことして!!と
ただただ心配で、そんな母の感動なんてちっとも分かち合えなかったのが

そのとき上映されていたシアター36○の『青のかがやき』、
これこそそのときの母の伝えたかったことなんだと
胸に迫って胸がつまって
ひとり涙、涙、涙に。

今日の『生命のきらめき』も、
母が見たら気に入るだろうな、と思って
そしたらやっぱり涙、涙、涙。




さてシアター36○を堪能したあとは
チビ達お気に入りの
【魚】や【森】や【科学】を思いっきり満喫。



科学博物館の売店で
レオナルド・ダ・ヴィンチのアトランティコ手稿を3D映像化し、解説した本とCD-ROMを見つけて
あやうく買いそうになった。
とーてーも
欲しかった。が、しかし。
このCD-ROMはWindows版しかないらしい。
ここにも出ています(涙)http://www.mactechlab.jp/caferoom/3151.html


Macでも見たい〜!!



a0119252_23324431.jpg

テレビ【世界一うけたい授業】という番組でもとりあげられたことがあるらしいです。

応援ポチッといただけると励みになります〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2009-05-20 23:03 | 好き | Comments(0)

チンできるわっぱのお弁当 妙心寺展に、菜の花天ぷらと竹輪磯辺揚

今日はダーリン、午後休とったらしいので、仕事にお弁当は持参しなかったんだけど、

チビ1号も午前保育だから、
チビ達つれて、になっちゃうけど、午後から上野国立博物館に
妙心寺展

見に行くんだって。みんなで。
a0119252_12213357.jpg

寒いからうちで食べよー、
ということになるかもしれないけれど、
一応、簡単なお弁当は作っとこう。

というわけで、チビ1号は
大好物の磯辺揚げを揚げる匂いに誘われて起きて来た。

バレた(笑)

バレると食べられちゃうので、
これは後で、みんなで、お弁当食べるからとっとかなくちゃ、
とかなんとか言って死守(笑)


チビ1号もお弁当!→ picnic!という
思考回路ができてるので、
即、納得(笑)、納得したが、しかし

『とうちゃんのおベントみたいに、黄色いの入れてくんだ!!』というご指示。

う〜む。
簡単に、軽〜いお弁当にしとこうと思ってたけど、
なにやら今日も珍味入れ達、出動らしい。いや出陣かな(笑)
チビ達は珍味入れを愛するあまり、すごい扱いをするからね…(汗)



a0119252_1222993.jpg
珍味入れ、ご出陣なので、今日もいつものわっぱご一行様。

ご飯、ゆかり、紫蘇若布
竹輪磯辺揚
菜の花天ぷら
ピーマン、赤ピーマン、人参の天ぷら
京菜
卵焼


竹輪の磯辺揚は、なにがそんなにいいのか、あたしにはわからないけど、
うちのメンズには大人気。
肉ものがなくても、竹輪磯辺揚で、そんなにテンションあがってくれるなら、
いいじゃな〜い♪どんどんつくりますとも♪

菜の花は、今日はさすがに天ぷらにしましょう、というコンディションだったので
揚げて喝を入れたら(笑)鮮やかな緑に。

野菜の天ぷらには、天ぷら粉に鰹節の粉をちょっと混ぜときました。

そして忘れちゃいけない卵焼き。
今日はチビ達も食べるので、葱とか入れてません。
これなくして
あたしのお弁当つくりは成り立たない、といわんばかりに使いまくってる
愛用のめんつゆ。美味しいものは世の中、上を見たらキリがありませぬ。
だから下から探して(笑)ヤマサの昆布つゆ。これ一本!
ちょっと甘めが好きなので、これで良いのです。
卵一個に対して、この麺つゆキャップの中心のくぼみに一杯、三温糖小さじ1杯。

そうそう、陶器の醤油入れが手に入ったので
今日はこれに天つゆを入れましょ〜う♪


ご飯は
ダーリンは丼1杯分、あたしは丼に半分。
チビ1号は茶碗に山盛り1杯分、チビ2号は茶碗に1杯分。

竹輪磯辺揚は入りきらないので、竹カゴに詰めまくり。

こうやって詰めてみると、
細長小判の形の合わせメンパ型、チンできる尾鷲わっぱのお弁当箱の優秀さが一目瞭然です。
チビ達のお弁当のほうが大きく見えますよ(笑)
深い合わせメンパ型、ってこんなにコンパクトでもあんなに入るなんて、とびっくりするくらい入ります。これはいいね、やっぱり。
a0119252_12225273.jpg
あらあらあら

2歳や4歳の子供のお弁当も入っているとは
とても思えない
しっぶ〜いお弁当になりました(笑)









さてさて
お昼から行って来ました自転車で20分。


上野国立博物館のお庭でお弁当タイムです。

a0119252_16513732.jpg

北風が冷たいけど、
陽光のなかは春の明るさ。



ベンチでのお昼ご飯は

ちょっとした戦に…(笑)

a0119252_16552390.jpg

竹輪磯辺揚。
天つゆの『おとうさん』
天つゆの『おかあさん』
赤い姫小椀

いろんなところで争奪戦が…(汗)

あたしの竹輪磯辺揚は消えてたし(笑)


a0119252_1773052.jpg


ごちそうさまの後は、
荷物もちっちゃくなりました。










妙心寺展は
膨大な展示物に圧倒されました。

鍼灸、東洋医学的にも呼吸法で関わりのある白隠禅師の直筆ものもあって、ダーリンはすごくきちーんと見てました。

こんなこといっちゃアレですが
『変(へんがお)顔コレクション』的なものも多かったのでチビ達も楽しんでました。




もしよろしければポチッとお願いします〜072.gif
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへありがとございました〜072.gif
[PR]
by ras4love | 2009-02-17 12:25 | お弁当 | Comments(6)